猫が語る、ドクターズケアキドニーケア・チキンテイストを食べてみた話

2018年11月16日

にゃっち(2017年9月)

こんにちは、猫のにゃっちです。この度は当ブログへ遊びに来て下さりありがとうございます。このブログを通じて、猫さんと暮らす方や猫さんが好きな方と仲良くなれたらとっても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

自分は2017年4月末に慢性腎不全と診断され、それから療法食を食べています。慢性腎不全の療法食には色々な種類があって、匂いや味も様々です。今回はドクターズケアと言うシリーズのキドニーケア・チキンテイストと言う療法食を食べました(と言っても半年以上前のことです)。ご飯についての説明や、食べてみた感想などを書いています。フィッシュテイストを食べた時と同じく、こちらもだいぶ苦戦しました。

製造元について

今回のご飯はエランコジャパンと言う日本の会社が作っています。こちらの会社は以前にも紹介しているので、詳細はドクターズケアキドニーケア・フィッシュテイストの記事を見てみて下さい。

フィッシュテイストの記事を書いた時は、ドクターズケアキドニーケアの製品情報サイトが準備中でした。今はサイトができているのですが、残念ながら詳しい情報が書かれていません。

ちなみに同サイトにある、リンを吸着するレンジアレンと言うサプリメントは、原材料や成分などが書かれたPDFが用意されています。療法食もこれくらい充実しているといいのですが。

原材料について

ドクターズケアキドニーケア・チキンテイスト(2017年9月)

ドクターズケアキドニーケア・チキンテイストのパッケージはこちらです。タンパク質とリンの量を減らし、腎臓の負担を軽減しているとのことです。オメガ3脂肪酸や可溶性食物繊維も入っていて、腎臓の血流をスムーズにしたり、腸内の老廃物の排出をサポートしたりと言った効果があるそうです。

こちらのご飯はパッケージに国産と記載されていますので、国内の工場で作られているようです。ただし原材料も国内産かはわかりませんでした。製品情報のサイトに、いつか書いてもらえることを期待します。

ドクターズケアキドニーケア・チキンテイストに使われている材料の中で、気になったものを紹介します(実はフィッシュテイストと全く同じです)。

■トウモロコシ、コーングルテン
慢性腎不全はタンパク質とリンを制限するのが効果的と言われています。そのため主原料は肉類ではなくトウモロコシになっています。

■おから
おからは栄養や食物繊維が豊富なので整腸作用などいいこともありますが、個体差や食べ過ぎなどでお腹の調子を崩す場合もあります。あまり量を食べなくてもお腹がいっぱいになるので、ダイエットをしたい猫さんにはいいかもしれません。

■全卵粉末
卵は栄養豊富な上、慢性腎不全では控えるべきリンの量も少ない食材と言われています。

■フィッシュオイルパウダー、フィッシュミール
オメガ3脂肪酸であるEPAとDHAが含まれています。これらは血流をよくしたり、炎症を抑えたりする効果があります。その結果、腎臓への負担が軽減されるそうです。

■マッシュルーム抽出物(シャンピニオンエキス)
シャンピニオンエキスは、腸内の毒素を抑制する効果があるそうです。腸内の毒素は腎臓に負担をかけるそうなので、減らせるのはありがたいです。

パッケージに記載されている原材料は以下になります。フィッシュテイストとほぼ同じですが、こちらにはフィッシュエキスとビール酵母が入っていません。フィッシュエキスはともかく、ビール酵母はなぜ入れないのでしょうか。

  • トウモロコシ
  • 動物性油脂
  • ミートミール
  • おから
  • 全卵粉末
  • チキンレバーパウダー
  • フィッシュオイルパウダー(EPA・DHA源)
  • コーングルテン
  • フィッシュミール(EPA・DHA源)
  • フラクトオリゴ糖
  • γ-リノレン酸
  • マッシュルーム抽出物(シャンピニオンエキス)
  • 小麦粉
  • ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、イノシトール)
  • ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄アミノ酸複合体、鉄、コバルト、銅アミノ酸複合体、銅、マンガンアミノ酸複合体、マンガン、亜鉛アミノ酸複合体、亜鉛、ヨウ素)
  • アミノ酸類(メチオニン、タウリン)
  • 酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

カロリーと成分について

続いてカロリーと成分です。慢性腎不全で重要とされるタンパク質、リン、ナトリウムについて割合をまとめてみました。

カロリー:426kcal/100g
タンパク質:23.5%以上
リン:0.3%以上
ナトリウム:0.1%以上

こちらもフィッシュテイストとほぼ同じ値です。今まで食べてきた療法食(※)と比べると、リンとナトリウムの割合が低く、カロリーが高めでした。

※)自分が今まで食べてきた療法食はこちらです

パッケージに書いてある成分は以下になります。

成分
  • たんぱく質:23.5%以上
  • 脂質:20.0%以上
  • 粗繊維:4.0%以下
  • 粗灰分:7.5%以下
  • 水分:10.0%以下
  • カルシウム:0.5%以上
  • リン:0.3%以上
  • ナトリウム:0.1%以上
  • マグネシウム:0.1%以下
  • タウリン:0.1%以上

食べてみた感想

ドクターズケアキドニーケア・チキンテイスト(2017年9月)

こちらがドクターズケアキドニーケア・チキンテイストのご飯です(うちの人(♀)の手に乗せています)。

【匂い】
匂いはそれほど強くありません。猫にとって匂いは味より大事なので、どちらかと言うと強い方が嬉しいです。

【形状】
粒の大きさは10mm×5mm、厚さ5mmくらいです。細長く小さいご飯です。大きい粒のご飯が苦手な猫さんには食べやすいと思います。固さはサクサクと言う感じです。それほど固くありません。

【味】
少し薄めかなと思いました。何かはわかりませんが、ほんのり苦味のようなものを感じました。始めは美味しく食べられましたが、数日であまり食べられなくなりました。

【体調】
このご飯を食べている間、何度か吐いてしまい、体調はあまりよくありませんでした。違うご飯に変えても吐いたので、ご飯は関係ないのかもしれません。

血尿も何度かあって、茶色から真っ赤まで様々でした。こちらもご飯が関係あるのかはわかりません。フィッシュテイストの時にもあった、濃い黄色の健康そうなおしっこも一時期出ました。便はおからのせいかペースよく出ていました。表面は相変わらず黒かったです。

療法食を食べ始める前から続いている足首の内側などの脱毛は、このご飯を食べている間にまた悪化しました。腕の脱毛は弄り過ぎて血が出てしまいました。こちらも途中で他のご飯を食べていたので、このご飯と関係があるかはわかりません。この頃は抜け毛が増えたと思ったのですが、秋だったので換毛期と言う可能性もあります。

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

ドクターズケアキドニーケア・チキンテイストは、フィッシュテイストと同じく食欲が落ちてしまい、結局1.5キロを食べ切れませんでした。体重も少し減ってしまいました。ドクターズケアシリーズは、自分にはあまり合わないのかもしれません。

ご飯の好みはそれまでの経験によって猫それぞれなので、他の方の口コミもよかったら参考にしてみて下さい。

Amazon(ドクターズケア 猫用 キドニーケア・チキンテイスト 480グラム)
Amazonでは最高評価が5割くらいでした。食べない猫さんもいますが、これしか食べないと言う猫さんもいるようです。480グラムの方は120グラム×4袋の小分けになっているので、その点を評価している方が多かったです。1.5キロは小分けになっていない上に、品質があまりよくないという口コミが数件ありました。自分は1.5キロを食べていたので、小分けの味がちょっと気になります。

楽天(ドクターズケア 猫用 キドニーケア・チキンテイスト 480グラム)
楽天は6割くらいの方が最高評価でした。小さくて食べやすいと言う猫さんもいれば、小さくて食べにくいと言う猫さんもいるようです。自分はそれほど固くないと思ったのですが、歯が弱い猫さんは食べにくいと言う意見もありました。便が緩くなったと言う口コミがあったのですが、美味しくて食べ過ぎただけかもしれないとのことです。

ヤフー(ドクターズケア 猫用 キドニーケア・チキンテイスト 480グラム)
ヤフーも最高評価が6割くらいありました。よく食べると言う猫さんが多いようです。1.5キロの口コミには、5年・10年続けていると言う猫さんたちもいました。低評価は少なかったですが、味や大きさが合わないと言う猫さんもいました。

もしよかったら、散歩中に猫さんと出会った時のような気分でお気軽にコメント下さい。色々なSNSもやっていますので、お使いのものがありましたらチェックしてみて頂けるととっても嬉しいです。

最後まで読んで下さり、本当にありがとうございました。よかったらぜひぜひ、また遊びに来て下さいませ。