猫が語る、ノーラが3歳になった話

2019年9月11日

ノーラ(2018年9月)

こんにちは、猫のにゃっちです。自分のブログへ遊びに来て下さり、ありがとうございます。ご縁ができてとても嬉しいです。

2018年9月10日に、ノーラが3歳になりました(保護猫なので正確な誕生日は不明です)。

ノーラが誕生日を迎えると、いつもこのブログで「ノーラが1年間で変わったところ」を紹介しています(※)。今回はノーラが2歳になった頃と3歳になった今を比べて、変わったところを3つあげてみました。

※)ノーラの誕生日記事

3歳になったノーラ

にゃっち&ノーラ(2018年9月)

こちらは自分たちが並んで外を見ているところです。右が3歳になったノーラです(左は3歳8ヶ月の自分です)。

2歳の頃と体長や体重はほとんど変わっていません。茶トラは大きくなると言う噂があるそうですが、これだけ変化がなければもう成長は止まったと言うことでしょう。何とかノーラに体長を追い越されずに済みました。

変わったところその1:毛玉で遊ぶようになった

ノーラのお気に入りのおもちゃと言えば、2歳の頃はアルミホイルボールやビールの紙パックなどでした。紐(釣り竿タイプのおもちゃの先っぽが取れたもの)でもよく遊んでいたのですが、今は全く遊びません。

代わりに遊ぶようになったのが、自分とノーラをブラッシングをした後にできる毛玉です。ばしっと叩いて飛んでいく毛玉をドタバタ追いかけたり、前足で毛玉を掴み後足で立ち上がって毛玉を放り投げたりと、かなりダイナミックに遊んでいます。

自分は毛玉にあまり興味がないので、ノーラがそこまで興奮する理由がわかりません。ノーラも自分がどうして毛玉に興味がないのかわからないそうです。

変わったところその2:ご飯の味にこだわるようになった

以前のノーラは自分より好き嫌いがなかったのですが、最近は段々選り好みするようになってきました。うちの人たちはよく新しい味のご飯を買ってくるので、たまたま外れが増えただけかもしれません。

先日、うちの人たちが初めてトナカイ味のご飯を買ってきたのですが、それもノーラの口には合わなかったようで、かなり嫌々食べていました。匂いを嗅いだ後、口をつけずにかしかしすることも何度もありました。

ちなみに自分はトナカイ味が大好きです(ノーラがご飯を食べているところにぐいぐい行ってつまみ食いしました)。今のところ慢性腎不全の療法食でトナカイ味は見たことがありません。ぜひ作って欲しいです

変わったところその3:お客さんに慣れてきた

ノーラは人見知りなので、お客さんが来るとまず押入れに隠れます。以前はなかなか出てきませんでしたが、最近は出てくる時間が短くなってきたような気がします。

何度も来ているお客さんだと、更に出てくる時間が短いです。この前も、そのお客さんたちにいっぱいなでなでしてもらっていました。

ちなみに自分はどんなお客さんでも大歓迎です。美味しいものが入った袋を持っていると更に大歓迎です。

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

ノーラも無事3歳を迎えることができました。誕生日は油断しているとあっと言う間に来てしまいますが、実は奇跡とも言えるくらい素晴らしいことなのだと思います。また次の誕生日も皆でお祝いできるよう、身体を大事に過ごしていきたいです。

最後にノーラがこの家に来たばかりの頃の動画を紹介します。まだ数日しか経っていませんでしたが、うちの人たちの手で遊べるくらいに慣れました。生後4週目くらいと小さかったので、警戒心も薄かったのでしょうか。

もしよかったら、お散歩中に猫と出会ったような感じでお気軽にコメント下さい。SNSもあれこれやっていますので、お使いのものがありましたら見てみて頂けると嬉しいです。

最後まで読んで下さり、本当にありがとうございました。お時間ありましたら、ぜひまた遊びに来て下さいませ。

追記)ノーラが4歳になった記事も書きました。よかったらこちらも読んで頂けると嬉しいです。