猫が語る、名前の由来と姓名判断をしてみた話

にゃっち&ノーラ(2016年4月)

こんにちは、猫のにゃっちです。この度は当ブログへ遊びに来て下さりありがとうございます。このブログを通じて、猫さんと暮らす方や猫さんが好きな方と仲良くなれたらとっても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

今回は自分とノーラの名前についてお話ししたいと思います。
由来(と言うほど立派なものではありませんが)だけだとあまりにも内容が少ないので、姓名判断もやってみました。やってみたうちの人はちょっと後悔したそうですが、今更呼び慣れた名前を変えると言うことはしませんでした。お家の猫さんの姓名判断をされる際は、ちょっと覚悟が必要みたいです。

名前の由来

自分の名前は、語感で決めたとうちの人(♀)が言っていました。「にゃ」が入っていると可愛いとか、名前を言うだけで満足感が得られる(猫好きなのでにゃーにゃー言うのも好きだから)とか、「ち」で終わるとスッキリするとか、他にも色々言っていましたが、「○○のように立派に育って欲しい」とか「尊敬する○○から一字を取って」とか言うそれっぽいのは特にありませんでした。

ノーラの名前の由来は「野良猫だったから」だそうです。こちらはうちの人(♂)がつけました。こちらは色んな方が思い付く由来のようで、うちの人たちが「野良猫だったからノーラ」と言うと「やっぱり!」と言われることが多いと言っていました。ですが動物病院の先生には「ノラ」ではなく「ノーラ」なのがいいですね、と褒められたそうです。ちょっと羨ましいです。

にゃっちの姓名判断結果

にゃっち(2016年4月)

名前の話題が少ないので、今度はネットで姓名判断をしてみました。まず「にゃっち」だけでやってみたところ(名前だけなので名判断ですね)、こうなりました。

エサ、家庭面に恵まれない。困難が降り注ぐでしょう

ご飯が大好きな自分としては大変ショックな結果です。暫く前にダイエットをすることになってしまったのは、この名前のせいなのでしょうか(ノーラのご飯をつまみ食いし過ぎたせいではなく)。ぜひ今後はご飯に恵まれる猫生を送りたいです。

あまりにも悲しい結果だったので、今度は名字も入れて「○○ にゃっち」で姓名判断をしてみました。この場合、結果は1つではなく5つ(5運と言うそうです)になります。ちょっと長くて難しいですが、以下にまとめて紹介します。

天運(宿命・家柄):個性があり才能があふれる。強運の持ち主で発展する
外運(家庭・環境):個性があり才能があふれる。強運の持ち主で発展する
地運(若年期の運):不遇で多難な人生。孤独に注意
人運(中年期の運):不遇で多難な人生。孤独に注意
総運(晩年期の運):温厚な性格で感受性が高い。穏和な性格で人望が厚い

家庭と環境はいい結果になりました。これでご飯への希望が見えてきたと思いたいです。若年期の結果が悪いのは、小さい時に骨折したことと関係があるのでしょうか。中年期の結果も同じく悪いです。普段あまり経験しないような不幸が訪れるかもと言われて、骨折のように何か起きないかと、自分ではなくうちの人がドキドキしています。

それでも5つの内3つはいい結果だったので、名前だけの時よりずっといいかなと思いました。中年期になっても、ぜひとも毎日美味しいご飯が食べたいです。

ノーラの姓名判断結果

ノーラ(2016年4月)

ノーラも名前だけで姓名判断したところ、残念ながらよくない結果になりました。

何事にも挫折をする不遇な運気

併せて「忍耐を持て」とも言われていましたが、猫には結構難しい要求な気がします。ノーラはよくうちの人たちに向かって鳴きながら何かを要求しているのですが、それがなかなか思い通りにいかないのでしょうか。

これだけだとやっぱり悲しいので、ノーラも名字を入れて「○○ ノーラ」で姓名判断をしてみました。

天運(宿命・家柄):個性があり才能があふれる。強運の持ち主で発展する
外運(家庭・環境):統率力がある。独立し成功する。名誉を手に入れる
地運(若年期の運):感情が不安定で苦労する。不遇で困苦、破滅に注意
人運(中年期の運):勤勉家。根気強く努力し成功する。忍耐力がある
総運(晩年期の運):完全主義で才能がある。厳格な心の持ち主

若年期以外はとってもいい結果です。ノーラは生後4週間くらいまで野良猫だったので、若年期はあまりよくない結果になったのでしょうか。それよりもノーラが中年期にどんな努力をして、どんな成功を収めるのか今から楽しみです。

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

うっかり姓名判断をしてみたら、色々ドキドキすることを言われてうちの人が焦っていました。占いはあくまで占いですし、未来はどうなるかわかりませんが、あまり気にせず1日1日を楽しく、特に美味しく過ごせたらいいなと思います。

もしよかったら、散歩中に猫さんと出会った時のような気分でお気軽にコメント下さい。色々なSNSもやっていますので、お使いのものがありましたら遊びに来て頂けるととっても嬉しいです。

最後まで読んで下さり、本当にありがとうございました。よかったらぜひぜひ、また遊びに来て頂けると嬉しいです。

“猫が語る、名前の由来と姓名判断をしてみた話” への 4 件のフィードバック

  1. にゃっちさんの御名前は何と
    なく姓名判断かなぁ❓
    と思ってました
    素敵な御名前ですよね

    1. 高橋 君子さん、コメントありがとうございます(^ ^
      ブログを見て頂けてとっても嬉しいです!

      自分やノーラの名前を考える時、うちの人たちは姓名判断のことは思いもつかなかったそうですw
      お褒めのお言葉ありがとうございました!(>▽<)ノシ

  2. 飼い主さんが姓名判断してくれる、って時点で幸せいっぱいのニャンズですよ❤️

    1. ポンズさん、コメントありがとうございます(^ ^
      お返事が遅くなってしまってすみませんm(_ _)m

      なるほど!そう言う考え方もありますね。色々気にかけてくれるのは、(ちょっと鬱陶しい時もありますがw)幸せなことです(>▽<)

コメント頂けたらとっても嬉しいです!

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグはそのまま表示されます。