猫が語る、0歳のフォトアルバムが作られた話(後編)

2019年9月17日

にゃっち&ノーラ(2015年12月)

こんにちは、猫のにゃっちです。自分のブログへ遊びに来て下さり、ありがとうございます。ご縁ができてとても嬉しいです。

今回も「猫が語る、0歳のフォトアルバムが作られた話(前編)」から引き続き、フォトアルバムの内容(10月から1月まで)を紹介したいと思います。こちらで0歳のフォトアルバムの紹介は終わりです。

自分が0歳の時のフォトアルバムと言うタイトルですが、10月からは同居猫のノーラも沢山登場しています。うちの人たちも家族ですが、猫ではないので出てきません。この記事で自分のことだけではなく、ノーラのことも色々知ってもらえたら嬉しいです。

2015年10月

フォトアルバム(2015年10月)

10月中旬のある日、ノーラが家にやってきました(写真中央下)。ノーラは車の下で鳴いていたところを、うちの人たちに保護されました。まだ生後4週目くらいだったのに、手に噛み付いたり、威嚇したりと、結構激しく抵抗したそうです。

この頃のノーラは別室に隔離されていて、自分と会うことはほとんどなかったのですが、たまにうちの人がノーラを抱っこして匂いを嗅がせようとしてきたり、扉の隙間からお互い手を入れて遊んだりしていました。

うちの人たちがノーラの世話をする分、自分と過ごす時間は減ってしまいましたが、自分は暫く前からひとりでいたいと思う時間が増えていたので、それほどストレスなく過ごすことができました。構われ過ぎなくて丁度よかったかもしれません。

2015年11月

フォトアルバム(2015年11月)

11月になって、ノーラが自由に家の中を動き回るようになりました(写真左)。ひとりで過ごす時間が減ってしまったので、自分はケージの中に引きこもったり(写真右下)押し入れの中に引きこもったり(写真中央下)していました。

始めの頃はノーラと威嚇し合うこともありましたが、追いかけっこや取っ組み合いをして遊んでいるうちに、だんだんと仲良くなることができました。取っ組み合いなどの遊び相手ができたことも嬉しかったですが、美味しいミルクや子猫用ご飯が食べられた(つまみ食いとも言う)ことも嬉しかったです。

2015年12月

フォトアルバム(2015年12月)

12月はノーラが傍にいてもだいぶ気にならなくなりました。一緒にニャルソックをすることも増えました(写真右下)。

この頃に初めて風邪をひいて、結膜炎になりました。治療のために毎日3回も目薬をささなくてはならなくなってしまい、その度にうちの人たちと追いかけっこをしていました。ノーラも10月に保護された時は風邪をひいていて目薬をさされていましたが、その時はまだ生後4週目くらいだったのであまり抵抗できなかったようです。

そして前から毛がもふもふしていましたが、この頃は更にもっふもふになってきました。首回りがすごいことになっています(写真左下・右上)。

2016年1月

フォトアルバム(2016年1月)

1月はノーラとしょっちゅうくっつくようになりました(写真中央)。ノーラは短毛なので、寒かったのかもしれません。自分はもっふもふなので(写真右)全然平気でした。この時は暖冬だったそうですが、今度の冬はどこまで寒くなるのか楽しみです。

随分前からそうでしたが、この頃は特に抜け毛に困った時期でした。成長して毛が増えた上に換毛期もやってきてしまい、自分は毛玉を吐いて大変だったり(なのでその後、毛玉ケアのご飯になりました)、うちの掃除係が大変だったりしました。

ノーラは短毛なのであまり抜けないのかと思いきや、自分より後になってから換毛期のピークがやってきて、やっぱりうちの掃除係は大変そうでした。換毛期のピークは個体差があるのでしょうか。それともノーラは成長期だったので、今回だけ時期がずれたのでしょうか。

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

これで0歳のフォトアルバムの紹介は終わりです。0歳は初めてのことがいっぱいで慣れるのが大変でしたが、楽しいことにもいっぱい出会えてよかったです。1歳のフォトアルバムも、作られたらまたブログで紹介したいと思います。

もしよかったら、お散歩中に猫と出会ったような感じでお気軽にコメント下さい。SNSもあれこれやっていますので、お使いのものがありましたら見てみて頂けると嬉しいです。

最後まで読んで下さり、本当にありがとうございました。お時間ありましたら、ぜひまた遊びに来て下さいませ。

追記)1歳のフォトアルバムも作られたので、紹介記事「猫が語る、1歳のフォトアルバムが作られた話(前編)」を書きました。よかったらこちらも読んで頂けると嬉しいです。