猫が語る、0歳のフォトアルバムが作られた話(前編)

にゃっち(2015年5月)

こんにちは、猫のにゃっちです。この度ブログを始めてみました。このブログを通じて、猫さんと暮らす方や猫さんが好きな方と仲良くなれたらとっても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

初めての記事なので、まずは簡単に自己紹介をしたいと思います。自分はソマリと言う猫で、1歳4ヶ月(2016年6月時点)のオスです。ノーラと言う茶トラのメス猫(0歳9ヶ月)と一緒に暮らしています。家には人間も2人いますが、ここは猫のブログなので、うちの人たちのことはあまり気にしないで下さい。

暫く前に、うちの人たちが「自分が0歳の時のフォトアルバム」なるものを作りました。自分がこの家にやってきた2015年5月から、2016年1月までの写真で作ったそうです(自分の誕生日は2015年2月です)。今回はそのフォトアルバムの内容(2015年5月から9月まで)を紹介したいと思います。これで自分のことを色々知ってもらえたら嬉しいです。

2015年5月

フォトアルバム(2015年5月)

今回作られたフォトアルバムは、1ページに1ヶ月分の写真を数枚選んで切り貼りしています。こちらは2015年5月のページです。

自分は2015年5月に初めて今の家にやってきました(それまでは家の近くのペットショップにいました)。家に来た当日は、自分もうちの人たちも初めてのことばかりであわあわしていました。うちの人たちは、それまで猫と暮らしたことがなかったそうです。

皆手探り状態で始まった共同生活ですが、床を転がったり(写真左上)脚立に立ったり(写真右)と、結構楽しく過ごせたと思います。欲を言えば、この頃は1つの部屋と玄関にしかいられなかったので、他の部屋にも自由に行きたかったです。

2015年6月

フォトアルバム(2015年6月)

6月はケージの上から飛び降りたら足を骨折してしまって、沢山病院へ通いました。他の部屋にも行けるようになってきた矢先に怪我をして、またいつもの部屋に逆戻り・・・どころか、暫くケージから出られない生活になってしまいました(写真中央上)。包帯(始めはギプスでしたが、足が腫れたので包帯だけになりました)やカラーは重くて動きにくいし、しょっちゅう病院へ連れていかれるしで、今のところ自分の猫生で一番大変な時だったと思います。左上の写真がカラーを着けていないのは、たまに外してもらっていたからです。

この怪我は1ヶ月くらいで治りました。包帯やカラーから解放された時は、とっても嬉しかったです。

2015年7月

フォトアルバム(2015年7月)

7月は足の怪我も治って自由に家中を歩き回れるようになりました。行けるところが沢山増えて嬉しかったです。だんだん暑くなってきたので洗面所で寝たり(写真中央下)、水をいっぱい飲んだり(写真右)して過ごしました。玄関の床はひんやりしているので、ここでぺったりするのも気持ちよかったです(写真左)。

この時は、まさかこの後もっと暑くなるとは思ってもいませんでした。今はこの時よりずっと毛の量が増えたので、今年の夏を無事乗り越えられるかちょっと心配です。

2015年8月

フォトアルバム(2015年8月)

8月は座椅子でごろごろしたり(写真左上)、カーテンに隠れたり(写真左下)して過ごしました。またカラーを着けています(写真右下)が、怪我をした訳ではありません。生後6ヶ月になったので、去勢手術をした時のものです。久しぶりのカラーはやっぱり重かったです。カラーが大人サイズになったからかもしれません。

先月に引き続き、また傘に入っています(写真右上)。傘が置いてあると、つい中に入りたくなってしまいます。うちのノーラも傘に入りたがるのですが、他の猫さんも同じなのでしょうか。

2015年9月

フォトアルバム(2015年9月)

9月はキッチンの水道の取っ手に隠れたり(写真右上)、洗濯機に入ろうと思ったらかごでガードされて入れなかったり(写真右下)、誰もいないお風呂をのぞいたり(写真左上)して過ごしました。この頃はまだ暑さが続いていたので、時たま水に氷を入れてもらいました(写真左下)。触ると冷たかったり、しゅわしゅわと溶ける音が聞こえて楽しかったです。

そしてまた足を痛めました。あまり覚えていないのですが、ジャンプしようとして失敗したのが原因かもしれません。検査したところ骨には異常なかったので、そのまま放置していたら治りました。何だか同じ足ばかり被害を受けている気がします。

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

長くなったので、残りの写真は次の投稿で紹介したいと思います。

もしよかったら、散歩中に猫さんと出会った時のような気分でお気軽にコメント下さい。色々なSNSもやっていますので、お使いのものがありましたら遊びに来て頂けるととっても嬉しいです。

最後まで読んで下さり、本当にありがとうございました。よかったらぜひぜひ、「猫が語る、0歳のフォトアルバムが作られた話(後編)」も読んで頂けると嬉しいです。

コメント頂けたらとっても嬉しいです!

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグはそのまま表示されます。