猫が語る、1歳のフォトアルバムが作られた話(後編)

にゃっち&ノーラ(2016年10月)

こんにちは、猫のにゃっちです。この度は当ブログへ遊びに来て下さりありがとうございます。このブログを通じて、猫さんと暮らす方や猫さんが好きな方と仲良くなれたらとっても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

前回の記事「猫が語る、1歳のフォトアルバムが作られた話(中編)」からだいぶ間が空いてしまいましたが、今回もフォトアルバムの紹介(2016年10月から2017年1月まで)になります。こちらで1歳のフォトアルバムの紹介は最後です。

この時期は自分もノーラもちょっと体調を崩してしまいました。自分はまだ少し不調ですが、食欲も遊ぶ気力もいっぱいあります。ノーラは壁を駆け上がって遊ぶほど元気です。

2016年10月

フォトアルバム(2016年10月)

10月はノーラが目を腫らしてカラーを着けられました(写真左下と右下)。病院へ行ったところ、傷はなく結膜炎だろうとの診断で、久しぶりの目薬生活になりました。前回ノーラは生後4週間くらいだったので、あまり抵抗できませんでしたが、1歳になったノーラは暴れたり逃げたりといっぱい抵抗していました。それでも暫くして治ったのでよかったです。

うちの人(♀)が9月にノーラの首輪をリボンで自作していましたが、この頃に自分の首輪もやっとリボンで作ってもらえました。写真の自分は首輪を着けているのですが、首回りがもふもふで全く見えません。前の首輪より軽くなったのはよかったのですが、やっぱり着けていると首を掻きたくなってしまいます。

2016年11月

フォトアルバム(2016年11月)

11月はうちにとって2個目のキャリーが来ました(写真左上)。ランドセルみたいな形をしていて、丸い窓がついています。いつか自分とノーラが一緒に外出する時に使うとうちの人たちが言っていましたが、まだこのキャリーで外出したことがありません。

10月くらいから自分のおしっこが少し茶色かったのですが、11月になってどんどん赤くなりとうとう病院に連れていかれてしまいました。日帰り入院をして血液検査とエコーとレントゲンをすることになったのですが、結局採血だけで終わりました。自分があまりに暴れたので他は諦めてくれたそうです。暴れ過ぎて鎮静剤まで打たれてしまいました。自分の血尿は膀胱炎だろうと言うことで、薬を飲まされたりご飯が療法食に変わったりしました。

この頃は少し寒くなってきたので、またノーラが自分にくっついてくるようになりました(写真左下)。暑い時期は乗らなかったうちの人たちの膝の上にも、また乗るようになりました(写真右下)。自分はもふもふなので、まだ床の上でも平気です(写真右上)。

2016年12月

フォトアルバム(2016年12月)

12月は、自分はまだ血尿が続いていましたが、箱に入ったり(写真左下)お風呂に入るうちの人たちを見守ったり(写真右上)して楽しく過ごしました。ノーラもワクチンをした後に何故か血尿になりましたが、耳かきで遊んだり(写真左上)うちの人たちの背中に乗ったり(写真中央上)して楽しく過ごしたみたいです。この耳かきは白いほわほわしたものがついていて、自分も大興奮しました。

年末にノーラは鼻に小さな傷ができました。誰も現場を見ていなかったので、怪我の原因はわかりません。ノーラも全く傷を気にしていなくて、怪我をしたこと自体気付いていなかったそうです。小さい傷だったので、1ヶ月くらいで治りました。

この頃からノーラは撫でられるのが好きになりました。今でも撫でられると床を転がったり腰を上げたりしています。自分は撫でられてもそこまで嬉しくならないので不思議です。

2017年1月

フォトアルバム(2017年1月)

1月は珍しくうちの人たちがおもちゃを買ってくれました(普段は手作りが多いです)。白いほわほわの毛がついた猫じゃらしなのですが、自分以上にノーラが大興奮して遊んでいました。あまりに気に入り過ぎて、取っ手からほわほわが取れてしまい、その後もほわほわだけで遊んでいたほどです(写真右下)。最終的にそのほわほわは、ノーラにかみかみされ過ぎて小さくなり、捨てられてしまいました。

自分はノーラと違ってうちの人たちの膝に乗るのが好きではないのですが、箱に入った状態なら膝の上に乗っていても平気だと言うことが判明しました(わかり辛いですが写真左上。ノーラが膝に乗っている写真は右上)。抱っこもそれほど好きではないのですが、箱に入った状態なら大丈夫です。

自分の血尿はこの頃も続いていました。しかも療法食が身体に合わなかったようで、下痢になったり痒くなって脱毛したりしました。ノーラも先月の血尿が治ったと思いきや再発してしまい、自分が食べられなくなった療法食を食べていました。

この頃、うちのご飯係が手作り食を始めて、色んな肉や魚や野菜が出てきました。さば缶(無塩)デビューもしたのですが、あまりに美味しくて大興奮しました。さば缶の汁があれば、どんなに美味しくない野菜でも食べられる気がします。

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

1歳のフォトアルバムの内容は以上です。自分はまだ少し血尿が出る時もありますが、頻度は減ってきましたし、脱毛したところもだいぶ治ってきました。ノーラは療法食のお陰かすっかりよくなりました。2歳のフォトアルバムも、また作られたらブログで紹介したいと思います。

もしよかったら、散歩中に猫さんと出会った時のような気分でお気軽にコメント下さい。色々なSNSもやっていますので、お使いのものがありましたら遊びに来て頂けるととっても嬉しいです。

最後まで読んで下さり、本当にありがとうございました。よかったらぜひぜひ、また遊びに来て頂けると嬉しいです。

“猫が語る、1歳のフォトアルバムが作られた話(後編)” への 6 件のフィードバック

  1. にゃっち君・・・(涙)大変だったんだね・・頑張ったねっ!!‌
    ノーラちゃんも結膜炎だったんですね、うちのめぐりさんもずっと猫風邪(結膜炎)で左目を痛そうにしています。‌
    早く良くなることを祈ってます。‌
    また見に来ますね!☆

    1. mikad_nekoさん、いつもコメント下さりありがとうございます!お返事が遅くなってしまい申し訳ありません(>_<)

      温かいお言葉を頂けて、とっても嬉しいです!(>▽<)
      血尿は見た目で分かるものは滅多に出なくなったので、このまま治ってくれるといいのですが(^ ^;

      めぐりさんも猫風邪なのですか!結膜炎は辛いですよね。自分も一度なったことがあるのですが、特に目薬はされる方もする方も大変でした(>_<)
      季節の変わり目だと結膜炎になりやすいと聞きます。めぐりさんのお目めも早くよくなりますように(>人<)

  2. 大変そうですが早く良くなりますよーに‌

    うちのひめさまも最初は膀胱炎とかいろいろ大変でしたが今はめちゃくちゃ元気にww‌

    いつもノーラちゃんとソマリちゃんに癒されてます♪

    1. ブログにコメント下さりありがとうございます!お返事が遅くなってしまい申し訳ありません(>_<)

      ひめさんも色々大変な時期があったのですね。膀胱炎は見ている方も辛いですよね(>_<)お元気になって本当によかったです!(>▽<)ノシ

      こちらこそ、いつもひめさんとゆきさんの可愛い姿に沢山癒されています!これからも色んな姿が見られるのを楽しみにしています(^ ^

  3. この記事の冒頭の写真、ノーラちゃん&にゃっちちゃん、すごいLOVE✕LOVEな感じですね。ノーラちゃんがにゃっちちゃんを見上げて慕っている感じですね。‌
    今回は、2016年10月から2017年1月迄の振り返りアルバムですね。‌
    10月にノーラちゃんがカ―ラー付けているのは、目の病気の為でしたか・・・。‌
    最初はてっきり避妊手術でカーラーしているのかと思いきや・・・。‌
    生後4週間の頃も目薬生活でしたが1歳になると自我が芽生えるので大人しく目薬させてくれなくて大変でしたね・・・(;^ω^)‌
    カーラー付けて手で目をこするのを予防しているのですね。‌
    11月の写真のキャリーケースはユニークですね。‌
    丸い窓が宇宙船みたいでそこから顔をのぞかせるにゃっちちゃんが冒険に行くみたいです。‌
    いつか、このキャリーで外出出来るといいですね。‌
    ノーラちゃんだけでなくにゃっちちゃんも10月、不具合だったのですね。膀胱炎になってしまったんですね。‌
    でも病院ではもの凄い抵抗ぶりで困ったものですね。なぜ、そんなに病院が嫌なのでしょう・・・。でも血液さえ採れれば、病気のほとんどは判明しますね・・・。‌
    12月も、にゃっちちゃんは血尿だったんですね。しかもノーラちゃんまで血尿だとは・・・。2ニャン同時に調子が悪いので大変ですね。‌
    尚、画像の耳かきは、まるで猫じゃらしみたいですね。‌
    年末にノーラちゃんの鼻に傷が出来たのは、ツィッターに先行して出てましたね。覚えています。どうしてそうなったか謎ですね・・・。‌
    尚、寒い時は、ノーラちゃんとにゃっちちゃんはくっつき合って仲いいんですね。‌
    微笑ましいです。(うちのマリモちゃん&ユキポンは、ここまでくっつかないです。)‌
    1月になると猫じゃらしでノーラちゃんが遊んでいますね。‌
    ノーラちゃんの方が若い分、玩具に夢中ですね。月齢が上のにゃっちちゃんの方が玩具に興味が薄いですね・・・。‌
    1月も血尿続きで大変ですね。食べ物のアレルギーもあるのでしょうか・・・。‌
    しかも、ノーラちゃんも血尿とは・・・。2ニャンは兄妹でもないのに、何故か同じような症状になっていますね。‌
    フードも飼い主様の安全な手作り食を始めたのですね。大変ですが、体に良さそうですね。‌
    にゃっちちゃんには療法食は合わないけど、ノーラちゃんは、それで調子がよくなったのですね。そして、にゃっちちゃんは飼い主様の手作り食で体がよくなり、脱毛も治ってきたんですね。似たような症状(血尿)でも、食事は猫により合う合わないがありますね。‌
    2ニャン共、快方には向かっているようで何よりです・・・ε-(´∀`*)ホッ‌
    これからもっと元気になってほしいですね♪

    1. アスポンさん、いつもコメント下さりありがとうございます!(>▽<)ノシ
      冒頭の写真も褒めて頂けて嬉しいです!うちの撮影係が「いい写真なのに画質が悪い」と嘆いていました。一眼レフの購入欲が着実に増えているようですw

      はい、10月はノーラが目を弄って赤くしてしまうのでカラーを着けていました。カラーがあると少し目薬がしやすいそうです。自分たちとしては逃げ辛いのでカラーはない方がいいです(^ ^;

      新しいキャリーは面白いデザインですよね。同じ会社がもっと宇宙船みたいな形をしたキャリーを作っていて、どちらにするかだいぶ迷ったそうです。残念ながら自分もノーラも中に入りたがらないので、病院へ行く時はいつも前のキャリーを使っていますw

      マリモさんとユキポンさんはあまりくっつかないのですね。お家が温かいからでしょうか。最近のノーラはうちの人たちの膝に乗ることが増えたので、あまり自分とくっつきません。うちの撮影係は膝に乗ってもらえて嬉しいやら、くっつく写真が撮れなくて悲しいやら、ちょっと複雑みたいですw

      新しい猫じゃらしを買ってくれたのは、耳かきに自分たちが大興奮したからかもしれません。白いほわほわが一緒なのでw白いほわほわは捨てられてしまったのですが、今度はピンクのほわほわを買ってもらえました(^ ^

      まさかノーラまで血尿になるとはびっくりでした。そしてご飯で身体が痒くなるなんてますますびっくりでした(^ ^;
      ノーラだけでも治ってくれてよかったです。今は自分がまた療法食を食べることになったので手作りご飯は続けられなくなってしまったのですが、今度の療法食は美味しく食べられているのでよかったです(^ ^

      これからも元気に過ごせるよう頑張りたいと思います!嬉しいお言葉をありがとうございました(>▽<)ノシ

コメント頂けたらとっても嬉しいです!

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグはそのまま表示されます。