猫が語る、ロイヤルカナンの韓国工場で日本向けの製品が作られる話

ノーラ(2018年3月)

こんにちは、猫のにゃっちです。この度は当ブログへ遊びに来て下さりありがとうございます。このブログを通じて、猫さんと暮らす方や猫さんが好きな方と仲良くなれたらとっても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

以前から話題になっていた、ロイヤルカナンの韓国工場が完成したそうです。この工場では日本向けの製品を作らないと聞いていた気がするのですが、そうではなかったようです。韓国工場についてや、ここで作られる日本向けの製品についてなどを書いています。

韓国工場の場所について

ロイヤルカナンの韓国工場ですが、具体的には金提(キムジェ)と言うところにできたそうです。金提は韓国の真ん中から、左の海に近い辺りにあります。難しい言葉で言うと「全羅北道の中部」だそうです。

金提は農地が多いところで、米の栽培が盛んです。日本に輸出しているパプリカもこちらで作られているそうです。パプリカと言えば韓国と言えるくらい日本ではよく見かけますが、金提で作られているのですね。

工場の設備について

ロイヤルカナンのサイトによると、韓国工場は最新鋭の設備を備えているそうです。他の工場と同じく厳しい品質管理を行っていくとのこと。『今まで以上に安全で安心な製品が製造できる』と言っていました。

『グリーンビル認証LEEDゴールド』と言うものも取得予定だそうです。

グリーンビル(グリーンビルディング)とは、人と環境に配慮された建物のことです。その建物にいる人の健康維持や生産性の向上、更にエネルギーや水、コストの削減などを促進している、色々いいこと尽くめの建物なのだそうです。

建物がグリーンビルとしての基準を満たしているかを評価するのが、『LEED』と言う認証プログラムです。こちらは4つのレベルに分かれていて、取得が難しいものから順にプラチナ、ゴールド、シルバー、認証と呼ばれています。韓国工場はゴールドなので、結構高いレベルの認証を取得予定なのですね。

LEEDは1998年にアメリカで開発されて、現在は多くの国や地域に普及しているそうです。運営母体はUSGBC(U.S. Green Building Council)と言うところで、日本支部はGBJ(グリーンビルディングジャパン)になります。

韓国工場で作られる日本向け製品について

韓国工場では、『犬用満腹感サポートドライ』と言う製品が作られる予定だそうです。2018年9月辺りから製造を開始するとロイヤルカナンのサイトに書いてありました。

2019年上半期までは、満腹感サポートドライの1kg、3kg、8kgが日本に輸入されるそうです。その後どう変わるかは書いていなかったので、お客さんの反応や売れ行きなどで検討する予定なのかもしれません。

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

韓国工場は、見学できるようにガラス張りの回廊を作ったとロイヤルカナンのサイトに書いてありました。自分のようなただの猫でも立ち寄ったら見せてくれるのでしょうか。工場で作りたてのご飯を食べてみたいです(まだ自分が食べられるご飯は作られていませんが)。

ロイヤルカナンのサイトで韓国工場に関するお知らせが出ているので、よかったら参考にしてみて下さい。

ロイヤルカナン韓国新工場に関するお知らせ

もしよかったら、散歩中に猫さんと出会った時のような気分でお気軽にコメント下さい。色々なSNSもやっていますので、お使いのものがありましたら遊びに来て頂けるととっても嬉しいです。

最後まで読んで下さり、本当にありがとうございました。よかったらぜひぜひ、また遊びに来て頂けると嬉しいです。

「猫が語る、ロイヤルカナンの韓国工場で日本向けの製品が作られる話」への8件のフィードバック

    1. エルフさん、はじめまして!お返事が遅くなってしまってすみません(>_<)
      コメント下さりありがとうございました(^ ^
      やっぱり気になりますよね。対象のご飯を食べている犬さんたちが、これからも元気に美味しく過ごせるといいです(>人<)

  1. ロイヤカナン韓国工場のニュースは、ロイヤルカナンのユーザーが多いので衝撃というか・・・気になる事ですね・・・。‌

    以前にこちらのブログで韓国工場の件について触れていましたが、とうとう、実際に行完成したのですね。‌
    うちも長年、ロイヤルカナンです。ユキポン用のフードが・・・。‌
    マリモちゃんも昔はロイヤルカナンでしたが、今は別なフードになっています。試供品んじょフードが気に入りロイヤルカナンを食べなくなり・・・‌


    ロイヤカナンの韓国工場は、金提(キムジェ)という地名のですね。‌
    ソウルではなにので、あまりピンと来ませんがお米の生産が盛んな場所なのですね。‌
    日本に出回るパプリカが主に韓国産だとは気にしていなかった為、知りませんでした。‌
    パプリカは食べますけど・・・金提(キムジェ)で作られていたのですね。‌


    ロイヤルカナンのサイトでは、新しい韓国工場は、最新鋭の設備を備え、安全だと言ってるのですね・・・。それが心から信じられればいいのですが・・・。‌

    日本に近いので、賞味期限、鮮度の事を考えると近い距離からの輸送はいい事なのです。‌

    しかし、かの国が安全性の面で信用できるかが一番の問題ですね・・・。‌

    でも、ロイヤルカナンはペットフード業界では、一流企業です。あらゆる動物病院でも療法食等、ロイヤルカナンが置いてあるので企業責任は果たす気もしますね・・・。‌

    『グリーンビル認証LEEDゴールド』というのも、もし取得出来たら、信頼できるのでしょうね・・・。‌

    ゴールド取得出来たら安心できますね。‌
    段階があるのも驚きます。‌


    ・・・で、ちなみに、韓国工場のは、『犬用満腹感サポートドライ』と言う製品だけが日本市場向けなのですね。そして翌2019年上半期までとりあえず導入予定ですか・・・。‌
    今のところキャットフードは日本向け市場の対象ではないようですね。‌

    公式サイトのぞいたら、世界で15番目のロイヤルカナンの製造工場となるそうですね。‌
    既に、本拠地以外で工場があるなら世間で思う印象ほど問題ない気もします。‌

    ・・・いっその事、日本で工場作れば、安心できます。正直、フラ●スより、信頼できます。‌

    見学できるようにガラス張りの回廊とは衛生に自信があるという事になりますね。‌
    尚、透明ガラス張りのキッチン教室とかありますけど、私は落ち着きません。‌
    見張られているみたいで・・・。そんな中で見られる状況製造できるなら安全性は高いですね・・・。

    1. アスポンさん、こんにちは!いつも遊びに来て下さってありがとうございます(>▽<)

      ユキポンさんはロイヤルカナンを食べているのですね。大手メーカーですから、食べている猫さんや犬さんは大勢いると思います(^ ^
      ロイヤルカナンを食べていると、このニュースは尚更気になりますよね。これからどうなっていくのか、興味津々です!

      日本に工場を作ってもらうのは大賛成です!そうしたら見学にも行きやすいですね。出来立てのご飯をぜひ一度食べてみたいです(>▽<)ノシ
      確かに見られている工場の人たちは、ちょっとそわそわしちゃいそうですねw

  2. ロイヤルカナンの韓国工場が出来たと聞いて、色々調べていたら辿り着きました。‌

    最初は日本向けの製品は作らないと言ってたはずですが、犬ちゃん用に一種類出来るのですね。‌
    (信用ならない〜)が本音です。‌

    うちは猫さまですが違う製品をと思い、日本製の無添加食を探しています。見つかれば良いのですが、今のところ無添加食材全部食べません(汗)

    1. りんちゃんさん、こんにちは!コメント下さりありがとうございます(>▽<)

      最初に言っていたことと変わってしまうと、今後どうなってもおかしくないと思ってしまいますよね(^ ^;

      うちの人たちも身体にいいと思ってあれこれ出してくれるのですが、自分とノーラの口に合わないものも多いですw
      以前のご飯と混ぜて、少しずつ切り替えていくといいらしいですが、敏感な猫さんはそれでも気になってしまいますよね(>_<)
      国産の無添加はこれからも新しいご飯が出てくると思うので、いつかお家の猫さんの好みに合うものが見付かるといいですね(^ ^

  3. 沢山の情報とても考えさせられました。ありがとうございます。。できれば日本につくってほしいですね。

    1. 杏奈さん、こんにちは!こちらこそ、コメント下さりありがとうございます(^ ^

      日本に住むユーザーとしては、やっぱり日本に工場があると嬉しいですよね!
      輸送コストや鮮度の面など、いいことがいっぱいあると思います。
      いつか日本にも工場を作ってもらって、見学に行きたいです(>▽<)ノシ

コメント頂けたらとっても嬉しいです!

メールアドレスが公開されることはありません。

HTMLタグは無効です(そのまま表示します)。